任意整理の主な流れ~任意整理で借金を賢く払おう~

借金の利息に困っている方は、任意整理をお勧めします。

借金の利息が多いために、毎月収入があってもお金が出ていくばかりで生活が安定しないという方は多いのではないでしょうか。
そんな問題には任意整理で借金の利息や元金を減らせる可能性があります。

任意整理は借金を解決するための債務整理の一つです。
他の債務整理(自己破産・個人再生)と違い、任意整理は債権者との交渉次第で、自宅や車などの財産を残したまま借金の減額も可能です。

今回はそんな任意整理をして借金の減額を行う流れを解説していきます。

任意整理で行う借金減額までの流れについて

任意整理のメリットは、手続きの自由度が高い事・財産を残せることなども挙げられますが、人によっては過払い金が返還出来たり、利息の免除を受けられます。
このページは任意整理は弁護士や司法書士などの専門家に依頼して進めるという前提で解説しています。任意整理は個人でも進める事が可能ですが、債権者との減額交渉にはやはり専門家の知識やフォローが不可欠です。

それでは実際に専門家と一緒に任意整理を進める上で、借金の利息免除の交渉はどのような流れで行われているのでしょうか?

①受任通知を債権者に送付する

弁護士・司法書士などの専門家に任意整理の依頼をして、まず始めに債権者へ受任通知を送付します。受任通知とは、専門家が借金整理の依頼を受けたと知らせるためのものです。
この受任通知を債権者が受け取ると、債権者からの督促などが止まります。

②取引履歴の開示

受任通知を送付したら、次は今までの債権者との取引履歴を調べます。
取引履歴とは借りた側と債権者との間で行われた借り入れや返済履歴などを記録したものです。
専門家はこの取引履歴を参考にして、実際に支払った金額との差額を計算するため、取引履歴は必要な書類となってきます。

※任意整理をスムーズに進めるためには、借入した各債権者の一覧やどの業者からいくら借りたかなどの借入状況のわかる通知や記録が事前に用意するといいでしょう。
関連記事任意整理の相談をプロにする前に知っておきたい3つのポイント

特に債権者によっては正確な取引履歴を出したがらないケースもありますので、借りた側の人もいくら借りて、今までいくら払ったか、などの記録をしておいたほうがいいでしょう。

③利息の引き直し計算

引き直し計算は、今まで債権者に支払った金額と実際の金額との差額を計算することで過払い金があるのか算出していきます。
この引き直し計算を行うことで、本来支払うべき金額を知ることが出来たり、過払い金が発生しているかわかります。

引き直し計算はまだ完済していないの債務はもちろんですが、完済後であっても引き直し計算をすることが出来ます。もしも完済後、利息や払い過ぎた借金をあると判明したら、返還請求をすることでお金を取り戻すことができるようです。

④債権者と交渉

引き直し計算が終了すると、取引履歴を元にした各債権者との交渉を開始します。
交渉内容は、手続き期間中・完了後の利息分のカット、過払い金の減額交渉、手続きが終わった後の詳しい支払い方法などです。

債権者と交渉が成立して手続きが完了すると、次は残りの借金を支払うための具体的な支払期間を決めます。
支払期間で債権者が一般的に受け入れやすいと言われているのは、3年間の36回払いが多いようです。(この支払期間は最高でも5年が限界だといわれているようです)
債権者との交渉が成立すると、手続きが終了し任意整理の処理が完了します。

任意整理は大体どのくらいの期間で行われるの?

任意整理の期間は債権者の数にもよりますが、約3ヶ月~半年ほどかかると言われています。
期間の面から見ても、任意整理は利息や過払い金をカットしてなるべく借金返済の負担を減らしたいという方にお勧めできるでしょう。
しかし借金があまりに高額であったり、経済状況からみて毎月返済することができないという方は、個人再生や自己破産のほうが適切という場合もあります。

いずれにしても借金で悩んでいる人は弁護士や司法書士などの専門家に相談することをお勧めします。
自分に合った適切な債務整理を選ぶことで、今よりももっと負担が軽減した生活を送れるでしょう。相談無料で受け付けている法律事務所も多いので、ぜひ行動してみてください!

SNSでもご購読できます。