いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

自己破産の手続きと大まかな流れ

同時廃止の場合はおよそ3ヶ月~6ヶ月かかり、管財事件となった場合は半年~1年かかることもあります。
ちなみに、東京地方裁判所などの一部の裁判所では、弁護士を代理人としている場合に限り、破産申立日~3日以内に裁判官と弁護士が面接を行い、破産手続開始決定が下ることがあります。その場合、自己破産までにかかる日数は1~2ヶ月となり、早く終わらせることが可能です。

続きを見る

自己破産をしても免責を受けられないことがある

自己破産の申立てをしても、免責を受けられないケースがあります。 免責とは、借金の残額に対する支払いが免除されることで、許可をうけるためには下記の『免責不許可事由』の全てに当てはまらない必要があります。
つまり裁判所が客観的に見て、借金を免除し支払義務をなくすに値しないと判断すれば、免責は受けられないのでご注意下さい。

続きを見る

自己破産申立てを自分で行うデメリット

自己破産の申立ては自分ですることが可能です。
専門家へ支払う費用の分、安く済ませることができますが、そもそも自己破産の申立てが裁判所に受理されなければ始まりません。また、裁判所に自己破産の申立てが受理されたとしても、免責を受けられなければ肝心の借金がなくなることはありません。

続きを見る

自己破産にかかる費用について

自己破産の手続きをしたいと思ったとき、手続きや依頼費用などを含めると総額がどのくらいになってしまうのか、気になるところです。そうでなくても自己破産をしようと選択肢を選んでいるわけですから、資産や財産に余裕のない方がほとんどではないでしょうか?
困窮した生活の中から、申立て費用を捻出しなければならないので、費用総額はそのまま死活問題とも言えます。

続きを見る