いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

借金の延滞による事故情報(ブラックリスト)について

金融業界でよく言われているブラックリストというものは、実は存在しません。

信用情報の照会、事故情報でお悩みの方はプロへ相談!
「アヴァンス行政書士法人」のサイトを見る

ブラックリストとは、例えるならばクレジットカードを作った時に作成される顧客情報のことでその顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。
もしもクレジットカードの返済を延滞したり、破産をした場合、信用情報に金融事故として延滞した記録が登録されてしまいます。

この金融事故の記録、つまり事故情報こそが、いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

続きを見る

家賃滞納によるクレジットカードの審査の影響は?

家賃を滞納することによってクレジットカードの審査に影響するケースがあります。

延滞情報確認、信用情報の照会には法律のプロへ相談!
「アヴァンス行政書士法人」のサイトを見る

基本的には家賃を滞納しても住宅ローンやクレジットカードの審査には、ほとんど影響はないです。
家賃を滞納時に遅延損害金を請求されることはありますが、信用情報には異動情報などの事故情報が登録されることはありません。

続きを見る

携帯料金の滞納でカードローンの審査に落ちた!

携帯料金を延滞するとブラックリストに載って、携帯が止まるだけではなく、カードローンの審査も通らない可能性があります。

事故情報の照会、信用情報開示するならプロへ!
「アヴァンス行政書士法人」のサイトを見る

最近ではスマートフォンや携帯電話の購入方法に、一括払いの他に割賦かっぷで購入する方法が一般的になっています。

そこで気を付けたいのが
『信用情報には割賦販売での利用履歴にスマホ・携帯電話端末の分割払いも含まれている』ことです。
スマホや携帯電話端末の分割払いは「個別信用購入あっせんによる立替払い契約」により、クレジット払いがほとんどです。

続きを見る

信用情報を開示して事故情報を確認するには?

借金をして、支払いを延滞したり自己破産したりなどで、ブラックリストに載っているか気になっている方は、信用情報開示請求をすれば登録情報を確認することが出来ます。

ブラックリストに載っていると、今後、クレジットカードを作ったりローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

信用情報開示請求のご相談は信用情報のプロがお勧め

「アヴァンス行政書士法人」の公式サイトを見る

信用情報とはクレジットやローンの契約、申し込みに関する情報のことで、利用者の個人情報や「残高・返済回数・契約商品」などの取引事実を登録した情報のことです。

この信用情報は、クレジット会社が審査などをするときに「信用」を判断するための参考資料として使われます。

借金の支払いを滞納してしまうと、クレジットカード会社や消費者金融会社を通じて、信用情報機関にて登録されている情報が更新されます。事故情報、いわゆるブラックリストです。

最近では携帯料金の滞納もブラックリストに載ってしまうので、借金をしていないのに知らず知らずの内にブラックリスト入りしているケースが非常に多くなっています。

続きを見る

過払い請求をするとブラックリストとして残る?

過払い請求をしても、ブラックリストに登録されることはありません。

以前のJICCなどの信用情報機関では、過払い返還請求をすると「契約見直し(コード71)」という情報が信用情報(ブラックリスト)として登録されていました。

そのため、今後の借入れや、新規にカード契約が出来なくなる状態を避けるため、過払い請求を躊躇するということがありました。

ですが、2010年の4月19日から金融庁の指導の元、「契約見直し(コード71)」という情報登録は廃止され、過払い金返還請求を行っても一切個人信用情報には登録されないようになりました。

続きを見る