個人再生について

個人再生にかかる費用について

個人再生の費用は他の債務整理と比べて一番高くなる傾向にあります。

まず、弁護士や司法書士への依頼費用以外に、裁判所に手続き費用として予納金約2万前後を納める必要があります。
また、個人再生では裁判所の判断により個人再生委員が選任されることがあります。
この場合、その再生委員の報酬として別途20万程度の費用を支払う必要があります。

続きを読む

個人再生手続きにかかる期間はどのくらい?

個人再生では地方裁判所が間に入りますので、裁判所へ提出する書類の用意に手間や時間がかかります。
弁護士や司法書士などの代理人による個人再生申立の場合、スムーズに進めば申立~認可・不認可の決定まで約6ヶ月~1年間前後と言われています。

続きを読む

個人での手続きは困難 個人再生で借金問題解決

個人再生は、継続して収入見込みのある人が住宅ローンを除いた借金総額が5,000万以下であった場合、住宅を手放すことなく、自己破産もすることなく、地方裁判所に申し立てをして債務整理をして再生計画を建てることができることです。

住宅ローン以外の借金が減額となり、以後の利息もカットされるケースが多いです。

続きを読む

個人再生のメリットとデメリット

地方裁判所を通して行う個人再生は、住宅等の財産を残したまま交渉等により減額された借金を、原則3年間で分割返済していく手続きです。
この個人再生による借金問題解決のメリットとデメリットをまとめてみました。

続きを読む

個人再生と民事再生はココが違う

債務整理に含まれている『民事再生』と『個人再生』には違いがあります。
「地方で呼び方が違うだけで同じものでしょ?」と思われている方も多いのですが、違いをカンタンにまとめてみましたのでご参照下さい。

続きを読む