車のローンと債務整理について

債務整理をする場合、カーローンはどうなるのか?
そんな疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

今回は車のローンがある状態で債務整理をする場合はどうするべきか解説していきます。

任意整理の場合

車のローンを完済していれば車を維持することができます。

車のローンが残っていたとしても任意整理は整理するローンを選ぶ事が出来るので、車のローンを対象外にする事で
、今まで通りローンの支払いを続けて車を維持することが可能です。

しかし、どうしても車のローンの返済が困難な場合、車のローンも任意整理の対象にせざるを得えず車を手元に残しておけないので状況によって判断する事が必要です。

特定調停の場合

特定調停の申し立てを行ってしまうと、支払い途中で車の所有権がローン会社にある場合は、車は回収され債務に充当されることになります。

しかし、特定調停も任意整理と同じように特定の借金だけに特定調停の申し立てをすることができますので、車のローンを対象からはずすことで車を手元に残しておくことも可能となっています。

個人再生の場合

個人再生の場合、車の所有権が留保されていない場合に限り、手元に残せる場合があります。

車のローンを組む場合、所有権留保事項といって返済に滞りが出た時にローン会社側がすぐに車を回収できるようになっています。

所有権留保というのは、ローン完済するまで会社側に所有権を残すことをいいます。

ごくまれに所有権留保がされていない場合もあるので、所有権留保がされていないのであれば、車の引き渡しを拒むことができるのです。

こういったケースに限り、車は手元に残したまま、個人再生によって圧縮したローンを再生計画にて支払っていくことができるのです。

自己破産の場合

自己破産は原則として財産を処分する代わりに借金を整理するという方法なので、車のローンが残っている場合は手元に残すことはできません。
車のローンをすでに完済していても財産として差し押さえられる場合がほとんどなので残す事は少ないでしょう、
20万円以下は処分されないという規定があるので、評価額が20万以下の車ならば手元に残る可能性はあります。