いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

自己破産の手続きと大まかな流れ

同時廃止の場合はおよそ3ヶ月~6ヶ月かかり、管財事件となった場合は半年~1年かかることもあります。
ちなみに、東京地方裁判所などの一部の裁判所では、弁護士を代理人としている場合に限り、破産申立日~3日以内に裁判官と弁護士が面接を行い、破産手続開始決定が下ることがあります。その場合、自己破産までにかかる日数は1~2ヶ月となり、早く終わらせることが可能です。

それを踏まえると、個人でも自己破産の手続きは可能ですが、専門家へ依頼することを検討してみても良いかもしれませんね。

自己破産のおおまかな流れ

  1. 自己破産の申立て
  2.  ┗申立て人の住所地を管轄する地方裁判所に申立書を提出

  3. 破産審尋
  4.  ┗裁判官から支払不能理由や免責不許可事由がないか
       カンタンな質問受けます

  5. 破産手続開始決定/同時破産廃止決定
  6.  ┗破産審尋の数日後、破産手続開始決定

  7. 免責の審尋
  8.  ┗新破産法により行われない場合が多い

  9. 免責の決定
  10.  ┗同時破産廃止決定から1~2ヶ月後

  11. 免責の確定
  12.  ┗裁判官から免責不許可事由に該当するか質問を受けます
       問題がなければ免責が確定します

  13. 官報に掲載
  14.  ┗自己破産情報は官報に掲載されます