自分で任意整理できますか?

任意整理は自分で行うことが可能です。
しかし、自分で手続きをするとなると、借入先の貸金業者と借金減額についての交渉を直接しなければなりませんし、
いざ素人が貸金業者の担当者と対峙しても、専門的な知識や経験に雲泥の差があり、交渉が難航することが予想されます。
せっかくの交渉が失敗に終わっては意味がありません。

一方、司法書士などの法律の専門家が受任すると、返済金の取立て行為や請求行動をとめることができます。
任意整理は裁判所を通さずに借金を整理する手続きです。
言い換えれば、利息制限法に基づいて計算し直し、減額された借金の残額を返済していく手続きともいえます。
勤務先からの継続的な安定収入、もしくは家族からの安定した資金援助がなければ、「任意整理」を選択することができませんので注意が必要です。

弁護士・司法書士といった専門家が交渉に立つ場合、利息をつけずに元金だけを返済する交渉になります。
つまり返済した全額が元金返済に充てられるので、完済にかかる日数は断然短くなります。
借金の返済問題の解決を望むなら、対応に長けた経験豊富な専門家へ依頼しない理由がありません!

SNSでもご購読できます。