いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

無職でも任意整理できますか? 

リストラや会社の倒産など、突然安定した収入がなくなる可能性は誰にでもあります。
順調に返済をしていた人でも、急に無職になってしまったことにより、支払いが不安となり債務を整理したいと申し出される方は少なくありません。

利息制限法を越える高金利での取引や、返済期間が長期にわたっている場合は、払い過ぎた利息を引き直し計算をして元金へ充当するため、借金の総残額が大幅に減額となるのが任意整理の特徴です。
しかし、借入期間が短いものや、法定金利に近い利息であった場合は、任意整理をしても残額に変化が生じないケースもあります。

任意整理に成功した後の残額は支払いを続けなければないため、無職の人が任意整理を申請する場合、ご家族から定期的に安定した資金援助があれば、任意整理は原則として可能です。

ただし、債権者側(貸金業者側)が任意整理手続きを受け入れなければならないという法的義務はないため、債権者があなたの無職を理由として、任意整理を拒否する可能性があります。
この場合は、任意整理ではない別の手続きを検討することになりますので、借金問題に強い法律の専門家としっかり連携を取り、簡単に諦めないことが大切です。