いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

携帯料金の滞納でカードローンの審査に落ちた!

携帯料金を延滞するとブラックリストに載って、携帯が止まるだけではなく、カードローンの審査も通らない可能性があります。

事故情報の照会、信用情報開示するならプロへ!
「アヴァンス行政書士法人」のサイトを見る

最近ではスマートフォンや携帯電話の購入方法に、一括払いの他に割賦かっぷで購入する方法が一般的になっています。

そこで気を付けたいのが
『信用情報には割賦販売での利用履歴にスマホ・携帯電話端末の分割払いも含まれている』ことです。
スマホや携帯電話端末の分割払いは「個別信用購入あっせんによる立替払い契約」により、クレジット払いがほとんどです。

「個別信用購入あっせんによる立替払い契約」とは携帯電話を購入する際に
携帯電話業者が購入者に代わり、頭金を除く購入代金を販売店に立替払いをする契約の事をいいます。

その時に携帯電話業者は、購入者に支払い能力があるか把握するため、信用情報機関に登録されている情報を照会して金融事故情報がないか・支払い能力があるか判断した上で、立替払いをするか決めます。

そして支払い能力があると判断されると割賦で携帯電話を購入できるという仕組みです。(現金一括で支払う場合はこれにあたりません。)

携帯料金を滞納すると?

携帯やスマホ機種代金の分割払いは、毎月の電話料金と共に引き落とされます。

そのため電話料金が遅れるとクレジットの支払い料金を延滞することになり、携帯料金支払いの遅れが3ヶ月以上続くと、事故情報として個人信用情報機関(CIC)へ登録されます。

携帯料金だからといって軽い気持ちで毎月の支払いが遅れてそれが習慣になっていると、簡単に事故情報が登録されてしまいます。
CICの事故情報は、支払い遅延が解消するまで最低5年はかかるため、その間はカードローンの審査やクレジットカードを組んだり出来なくなってしまいます。

もちろん、新しい携帯を買い替えようとしても、その期間中は分割払いの審査に落ちる可能性もあるのです。

実際に携帯料金の滞納によって信用情報にブラック情報が載るケースは増えていて、特に若者に多いようです。
信用情報に事故情報が載ると、どうなるかまとめてみると

  • キャッシングや住宅ローンなどの借金ができなくなる。
  • クレジットカードが作れなくなる。場合によっては今使っているカードも解約になることも。
  • リースが利用できなくなる。

よくあるケースでは、10代の頃に携帯料金を支払わなかったことで事故情報がつき、成人してからローンが組めないという場合があります。
軽い気持ちで支払いが遅れたりすると大変なことになります。

この先、新規で事業を始めたいと考えている人にとっても信用情報に傷があると、銀行などの金融機関と付き合っていく上で信用してもらえないおそれもあります。
携帯電話を分割で購入した場合は、支払いを怠らないように心がける必要があると認識しましょう。

すでに支払い遅延をしていてクレジットの審査に通るか不安な方は、プロに相談することをお勧めします。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション