いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

家賃滞納によるクレジットカードの審査の影響は?

家賃を滞納することによってクレジットカードの審査に影響するケースがあります。

延滞情報確認、信用情報の照会には法律のプロへ相談!
「アヴァンス行政書士法人」のサイトを見る

基本的には家賃を滞納しても住宅ローンやクレジットカードの審査には、ほとんど影響はないです。
家賃を滞納時に遅延損害金を請求されることはありますが、信用情報には異動情報などの事故情報が登録されることはありません。

また賃貸マンションやアパートなどの賃貸物件に住む際、不動産会社や大家から入居審査や賃貸借契約が行われますが、これもクレジットカード審査やカード事故情報による個人信用情報機関とも関係ありません。

それでは、どの面において家賃の滞納がクレジットカードの審査に影響するのでしょうか?

家賃保証会社を利用しているケース

家賃滞納によってクレジットカードの審査に影響を及ぼすことはないと書きましたが、例外もあります。

賃貸契約する際には保証人を立てる決まりがあります。
保証人」とは知人や家族などを保証人に決めて”もしも借主が家賃を払えなくなった場合は保証人が代わりに払います“という署名・契約のことです。
最近では、このような保証人の代わりに「家賃保証会社」という業者から家賃を保証してもらう契約をする人も増えています。

保証会社は借主が家賃を払えない場合に、保証会社が立て替えて家賃を支払い、後から立て替えた家賃の返済を催促するという仕組みですが、保証人を作らなくていいので、その利便性から近年では入居時に家賃保証代行会社の契約を必須とする不動産会社も増加傾向にあるようです。

信販系保証会社を利用している場合は要注意

このように便利な家賃保証会社ですが問題となる点は、契約する保証会社が信販系と関連会社であった場合、賃貸借契約をする前の段階で個人信用情報の照会が行われます。
その際に、過去の信用情報に滞納歴や延滞情報が登録されて残っていると”支払い能力が無い“と印象付けられて賃貸審査や入居審査に影響を及ぼす可能性があります。

主な信販系保証会社
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • ライフ保証株式会社
  • 株式会社エポスカード
  • 株式会社セディナ

etc…

入居審査の際に上記の信販系保証会社の名前が出てきたときは、個人信用情報の照会が行われます。
もしもそこで事故情報などがあった場合は入居審査に通らない恐れもあるのです。

当たり前の事ですが、保証会社を利用する場合は「家賃を毎月支払うことができる」ことが重要です。
家賃滞納が続くと、強制執行による退去が行われたり、前述にある保証会社が信販会社と関連しているケースでは、家賃滞納によって事故情報として個人信用情報に登録される可能性があります。

提携会社の信販系クレジットカードに通らないことも…。

また、家賃滞納の情報は管理会社側のデータに滞納者の情報が登録されて、もしも同じ提携会社の信販系クレジットカードを新たに発行しようと思っても、審査の段階で通らない可能性があります。
これは、家賃保証会社によって違いがあり「クレジットカード審査には影響しないが、新しく部屋を賃貸契約することができなくなる」というケースもあるようです。

このように家賃保証会社の提携会社や情報連携によって、クレジットカードや住宅ローンの審査に影響するケースが考えられます。
「家賃滞納」や「家賃保証会社」に不安のある方は、契約前に「家賃保証会社」ついて調べてみたり、プロの専門家へ相談すると良いでしょう。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション