いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

借金は債務整理で軽くなる

借金(債務)はとてもナイーブな問題で、なかなか他人に打ち明けたり相談できないものです。
「返したくても返せない」「借りたからには何年かかっても最後まできちんと返したい」とまじめに借金と向き合っている方が多いのですが、その分その苦しみも悩みも一人で抱え込んでしまい、支払うために借りる・・・と辛い負のサイクルを繰り返してしまう人も少なくありません。

多くの従業員を抱えて会社の運営資金に行き詰る経営者や、生活費をギリギリまで切り詰めて、生きるか死ぬかの選択を迫られているような個人多重債務者まで、借金生活の苦悩の度合いは人それぞれですが、苦しむことなく借金を整理できる方法があることは、実はあまり知られていません。

債務整理とは、借金生活に悩まされている方を救済する法的手段で、法的に借金を一度見直しして無理のない生活を送ることができるように、個人を再生させるための方法をいい、主に法に長けた法律家(弁護士・司法書士など)と一緒に借金の整理を進めるケースが多いです。

債務整理には主に『任意整理』『民事再生』『自己破産』があります。最近になってラジオや新聞広告などで『過払い金返還請求』というフレーズを耳にする機会が増えましたが、まさにこの過払い金請求も債務整理の一種で、完済済みの借入れに対して、払い過ぎていた場合には返還請求ができる『過払い金返還請求』という手続もあります。
もしも現在借金でお悩みなら、債務整理に対する十分な情報と理解を持って、辛い借金生活を改善するために検討してみてはいかがでしょうか?