いろいろな事情で返済できなくなった借金も法律で解決できます

個人再生にかかる費用について

個人再生の費用は他の債務整理と比べて一番高くなる傾向にあります。
まず、弁護士や司法書士への依頼費用以外に、裁判所に手続き費用として予納金約2万前後を納める必要があります。
また、個人再生では裁判所の判断により個人再生委員が選任されることがあります。
この場合、その再生委員の報酬として別途20万程度の費用を支払う必要があります。

弁護士・司法書士が関与した申立ての場合には個人再生委員が選任されない場合もありますので、事前に問い合わせてみると良いかも知れません。

個人再生手続きは知識があれば素人で可能です。
ですが受任通知ができませんので、手続きの最中であっても取り立てや支払いがストップしません。
支払いを続けながら、複雑な書類の準備に奔走すると、精神的な疲れは計り知れません。 債務整理手続きの中でも一番難しいと言われている個人再生手続きは、多少費用がかかっても専門家である弁護士・司法書士に依頼することをオススメします。

手続き報酬は事務所によって多少の違いはあると思いますが、弁護士であれば30万円~60万円、司法書士であれば20万円~30万円程度だと思われます。
個人再生を弁護士・司法書士に依頼する場合には、複数の事務所へ料金や分割払いの可否を問い合わせておくのがいいでしょう。