カードローンが返せない時の解決法「任意整理」

カードローンが返済できなくなったときの解決策である「任意整理」を知ってますか?

任意整理は、借金の返済が困難な時に貸金業者と法律のプロが交渉し、利息カットや借金額を減らして返済が出来るように進めていく借金の整理方法です。

カードローンでたくさん借り入れをしてしまっている人が借金の解決方法として「自己破産をする」という事を思い浮かべますが、自己破産には大きなデメリットがあり、気軽に自己破産をしてしまう事はオススメしません。

任意整理のメリット

任意整理を選択するメリットは、利息負担を節約できることです。

たとえば任意整理によって、借金が80万円を30万円まで減額できたとすると、借入金が大幅に減ったとも言えますが、利息負担を節約できたとも言えます。

利息という目のは見えづらいコストですが、カードローンを長く利用していると返済金額が大きく変わってきます。

ほかにも自己破産と違って財産を整理しなくても良いという点があります。

任意整理のデメリット

簡単に借金を減額できるなんて便利だと思うかもしれませんが、任意整理にはデメリットはあります。

まず信用情報機関に事故情報として記録されてしまうので、しばらくはローンの審査に通りにくくなります。

ほかにも借金の金額がゼロにはなるわけではないので、返済は続ける必要があり、自分の資産と借金を処理する自己破産とは違います。

ほかにも利息のカットや減額に応じない業者もいます。
もし、借金をした人間が自己破産をしてしまった場合は、貸金業者は1円も回収できずに損をしてしまうので、大抵は任意整理に応じてくれますが、そういうケースもあります。

専門家へ相談

任意整理は自分で業者と交渉も法律上はしても問題はないそうですが、自分で交渉する人はほぼいません。
専門家に依頼をして任意整理をする場合がほとんどです。
借金があまりに高額であったり、経済状況からみて毎月返済することができないという方は、個人再生や自己破産のほうが適切という場合もありますので、弁護士・司法書士の専門家に相談することをお勧めします。